先手四間飛車 対 後手急戦 の定跡 2

概要

定跡:先手四間飛車 対 後手急戦
形勢:互角

後手が船囲いの左銀をするすると上げていき、最終的には棒銀のように攻めていきます。
その後は壮絶な攻防となり、寄せ合いの難しい局面となっています。

52手目以降の読み筋 △6九飛打 ▲9一飛成(71) △5八馬(76) ▲同 金(49) △3九銀打 ▲1七玉(28) △1五歩(14) ▲同 歩(16) △8九飛成(69) ▲6六角打 △1五香(11) ▲1六歩打 △2五金打

タイトルとURLをコピーしました