カニカニ銀の手順とポイント

スポンサーリンク

カニカニ銀の手順とポイント

対局者が居飛車党同士だと、この相掛かりになることがあります。
棋士によっては、「自分が飛車先の歩を突いて、相手も飛車先の歩を突いてきたら胸が高まってくる」というくらい、一部の棋士の間では人気の高い戦法でもあります。

相掛かりは、指し手のバリエーションが広いのが特徴です。
攻撃的な指し手も選択できれば、攻守にバランスの取れた指し手も選択できます。
それだけに、構想力が問われる指し方ともいえます。
それでは、手順をみていきましょう。

スポンサーリンク

カニカニ銀の手順

▲7六歩 ▽8四歩 ▲6八銀 ▽3四歩 ▲7七銀 ▽6二銀 ▲5六歩 ▽5四歩 ▲4八銀 ▽4二銀 ▲2六歩 ▽3二金 ▲2五歩 ▽3三銀 ▲5七銀 ▽5二金 ▲4六銀 ▽4四歩 ▲9六歩 ▽4三金右 ▲9七角 ▽5三銀 ▲6六銀 ▽4一玉 ▲5八飛 ▽3一角 ▲7七桂

カニカニ銀のポイント

先ほどもお伝えした通り、二枚の銀を四段目に繰り出し、その後飛車、角、桂馬で総攻撃できる陣形を整えます。
さすがにプロレベルでこの指し手が成立するかは難しいところがありますが、アマチュア同士であれば先手に勝ち味があるかもしれません。

とにかく攻めたいという方は、このカニカニ銀はオススメの戦法です。
一度指してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
戦法
スポンサーリンク
shogi-ruleをフォローする
スポンサーリンク
将棋のルールから覚える初心者向け入門サイト
タイトルとURLをコピーしました