いちご囲いの手順と組み方のポイント

いちご囲いの手順と組み方のポイント

相掛かりや横歩取りは早くから激しい戦いになることが多く、囲いはできるだけ早く作る必要があります。
そういったときに選択される囲いの一つがいちご囲いです。
最短3手で囲うことができ、矢倉囲いや穴熊等、状況に応じて別の囲いへと変化させられるのが特徴です。

スポンサーリンク

概要

囲いの名称 いちご囲い
読み方 いちごがこい
自分の戦法 居飛車
相手の戦法 居飛車
長所 急戦に対応でき、戦況に応じて別の囲いに変化できる
短所 別の囲いに変化しないと、持久戦には向かない
手数 3手

いちご囲いの完成形と手順

囲いの完成形をご覧いただけます。
最初から棋譜を再生すると、囲い方が確認できます。

いちご囲いを組むためのポイント

いちご囲いを組む上で注意点はありません。
相居飛車の戦いで相掛かりや横歩取りの場面になりそうであれば、とりあえずいちご囲いを作ってしまって問題ありません。
その後、状況に応じて囲いを変化させることで相手の戦法に対応できます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました