雁木囲いの手順と組み方のポイント

スポンサーリンク

雁木囲いの手順と組み方のポイント

世にも珍しい囲い「雁木」。
あまり有名ではないので初心者に紹介するのはどうかと思いましたが、知っておくと面白いんじゃないかなと思ったので手順だけでも紹介します。

ちなみに雁木を指す人はほとんどいません。

スポンサーリンク

概要

囲いの名称 雁木
読み方 がんぎ
自分の戦法 居飛車
相手の戦法 居飛車
長所 上からの攻めに強い
短所 下からの攻めに弱い
手数 15手

雁木の手順

一般的な雁木の手順です。(gif動画)

7六歩 → 6六歩 → 7八銀 → 6七銀 → 5六歩 → 4八銀 → 5七銀 → 7八金 → 6九王 → 5八金 → 3六歩 → 4六歩 → 9六歩 6五歩 → 4八飛

雁木を組むためのポイント

雁木は囲いごと突っ込んでいくイメージです。
楽しいですが、よほどの実力者でないと勝つのが難しいです。

囲いごと攻めていくイメージ

雁木は銀を先頭に囲いごと相手の敵陣に突っ込んでいくイメージです。
よく見ると相手に向かって矢印のような形をしてるのが分かるかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
囲い 対居飛車 居飛車 持久戦
スポンサーリンク
shogi-ruleをフォローする
スポンサーリンク
将棋のルールから覚える初心者向け入門サイト
タイトルとURLをコピーしました