ゴキゲン中飛車の手順とポイント

スポンサーリンク

ゴキゲン中飛車の手順とポイント

ゴキゲン中飛車は火力抜群のガンガン攻めることが好きな人向けな攻め方です。
基本的には攻めながら受けるといった駒組みですので、手順を間違えるとボコボコにやられてしまいます。

ゴキゲン中飛車をする上でのポイントやコツをしっかりとまとめましたので、特に初心者の方はよく勉強してください!

自陣の囲いが完成するまでの流れを見ていきましょう。

ゴキゲン中飛車のポイント

角道は中央の歩で受けよ!

他の戦型だと角道は6六の歩で受けることが多いですが、
ゴキゲン中飛車の最大の特徴は角道を6六の歩で受けずに中央の飛車先の5五の地点で受けます。

隙間がたくさんあって怖いですが、ゴキゲン中飛車やる人が空間の隙間を恐れていてはできません。ガンガンやって中央を先に制圧しましょう。

角頭を攻めてきたら・・・

上のgifの手順では触れませんでしたが、普通は角の頭を攻めてきますよね・・・。

「受けがない」と思われるかもしれませんが、実はこれは切り返しの手順があるのです。
ゴキゲン中飛車をやる人は絶対に覚えておいて欲しいのが、「超急戦」の定跡。

飛車先の歩を突かれてから定跡の範囲までをgifで用意しました。
ゴキゲン中飛車をやるのであれば、この変化は確実に覚えておきたいところです。いやあ、めちゃくちゃ激しいですね・・・。

この状態は「先手(ゴキゲン中飛車)良し」とされています。

囲いの基本は美濃囲い

相手の戦法にもよりますが、基本は美濃囲いです。
超急戦にならなければ意外とじっくり囲うことができるのもゴキゲン中飛車の良いところです。

めちゃくちゃ激しい乱打戦になる場合もあれば、じっくりした戦いになることもあります。

銀・飛車・角で相手を翻弄

ゴキゲン中飛車は、銀・飛車・角を使い敵陣に迫ります。

特に5五の歩で止まっている角道をいつ通すかはポイントで、たくさんの攻め方があります。
ぜひ実践を詰み、色々な戦い方をやってみてゴキゲン中飛車の楽しさを知ってください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
戦法
スポンサーリンク
shogi-ruleをフォローする
スポンサーリンク
将棋のルールから覚える初心者向け入門サイト
タイトルとURLをコピーしました