天守閣美濃の手順と組み方のポイント

スポンサーリンク

天守閣美濃囲いの手順と組み方のポイント

天守閣美濃は左美濃囲いの応用です。
美濃囲いの硬さを維持しつつ、王の位置を一段上にずらすことで、相手の角道から王様をずらすことができます。

囲いの名称 天守閣美濃囲い
読み方 てんしゅかくみのがこい
自分の戦法 居飛車
相手の戦法 振り飛車
長所 横からの攻めに強い
短所 上からの攻めに弱い
手数 11手

天守閣美濃囲いの手順

一般的な天守閣美濃の手順です。(gif動画)
※相手の攻めは無視しています。

7六歩 → 4八銀 → 5六歩 → 6八玉 → 7八玉 → 5七銀 → 5八金 → 9六歩 → 8六歩 → 8七玉 → 7八銀

天守閣美濃を組むためのポイント

天守閣美濃は舟囲いや左美濃囲いの応用です。
途中までは舟囲いに近いかたちで進んでいきます。

そのまま舟囲いで戦うか、はたまた左美濃囲いにするか、天守閣美濃まで持っていくかは、相手の攻め方を見つつ選択するといいでしょう。

舟囲いを作るイメージ

最初は舟囲いを作るようなイメージで進んでいきます。
参考:舟囲いの手順と組み方のポイント

8七の歩を突く!

天守閣の位置になる場所を空けてあげる必要があります。
角の上に位置する8七の歩を勇気をもって突きましょう!

空いたスペースに王様を移動

角の上に王様を移動します。
左美濃囲いだと8八に移動しますが、天守閣美濃だと8七に王様を移動させます。

銀を上げてガッチリと美濃囲いの形にする

最後に銀を上げて美濃囲いとして金銀をガッチリと固めましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
囲い 対振り飛車 居飛車 持久戦
スポンサーリンク
shogi-ruleをフォローする
スポンサーリンク
将棋のルールから覚える初心者向け入門サイト
タイトルとURLをコピーしました