香車の動き方と効果的な手筋

香車の動き方と効果的な手筋

香車はどこまでも直線に動ける駒です。
ですので、その特徴を最大限に活かすためには、できるだけ敵陣から遠い位置に打つのが理想できです。(動ける範囲が大きくなるので。)

駒の名称 香車
読み方 きょうしゃ
成駒 成香(なりきょう)
駒の強さ 3点(※成駒は6点)
長所 どこまでも直進できる
短所 後ろに戻ることができない
銀の格言 ・香は下段から打て

香車の動き方

香車はどこまでも直進することのできる駒です。
格言の「香は下段から打て」にもあるように、できるだけ自陣から打った方が、動ける範囲が広くなるため、その特徴が発揮できます。

成香の動き

香車が敵陣に入ると、成香に進化することが可能です。
動きとしては金と同じになります。

香車の手筋

手筋とは、駒の効果的な使い方やテクニックのことです。
覚えておくと、それだけで有利に試合を運ぶことができたりします。

香車の駒の特性を活かした手筋を見ていきましょう!

田楽刺し

直進できない駒の頭に香車を打って串刺しにします。
一般的に「田楽刺し」と呼ばれる手筋です。
前に動けない駒は、具体的には角と桂馬になります。
角や桂馬の縦のラインに駒があったら、香車で串刺しにしてやりましょう。

2段ロケット

香車は上に直進する駒ですから、ロケットと形容されることもあります。
2段ロケットとは、直進できる駒を2枚並べて1点を突き破るやり方です。

香車を2枚並べてもいいですし、飛車+香車でも2段ロケットになります。
ちなみに3枚並べると3段ロケット。4枚並べると4段ロケットです。

※ちなみに、今回のケースでは香車が上で飛車が下にしましたが、逆でも2段ロケットです。状況によって使い分けましょう。

タイトルとURLをコピーしました