先手パックマンの定跡

スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要

定跡:先手パックマン
形勢:互角

パックマン戦法ですが、棋譜の最後に先手7七飛車で正しく受けて、先手が歩2枚得している状況で落ち着きます。
後手にとっては、序盤でこの歩損はかなり痛いです・・。

12手目以降の読み筋 △3三桂(21) ▲4八銀(39) △6二玉(51) ▲9六歩(97) △7七角成(95) ▲同 銀(88) △4五桂(33) ▲6八玉(59) △5五角(22) ▲5八金(49) △7二銀(71) ▲6六歩(67)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
奇襲戦法 定跡
スポンサーリンク
shogi-ruleをフォローする
スポンサーリンク
将棋のルールから覚える初心者向け入門サイト
タイトルとURLをコピーしました