初心者向け!棒銀(原始棒銀)の手順とポイントと対策(受け方)

スポンサーリンク

棒銀(ぼうぎん)の手順とポイント

「棒銀」は居飛車の戦法で、飛車の頭を歩と銀で進めて角の頭を狙います。
右銀をぐんぐん繰り出して、一気に敵陣突破を目指します。単純なようですが、攻撃力は高く、受け間違えると簡単に突破を許してしまいます。

受け方を知らないと大怪我するのでしっかりと覚えましょう。

スポンサーリンク

棒銀の手順

▲六歩 ▽四歩 ▲五歩 ▽五歩 ▲八金▽二金 ▲四歩 ▽同歩 ▲同飛 ▽三歩 ▲八飛 ▽六歩 ▲同歩 ▽同飛 ▲七歩▽二飛 ▲八銀 ▽二銀 ▲七銀 ▽二金▲六銀 ▽一玉 ▲五銀▽四歩 ▲四歩 ▽同歩 ▲同 銀 ▽三歩 ▲同銀成 ▽同金 ▲同飛成

角の頭は薄いので、しっかり受けないと棒銀で簡単に破られてしまいます。
初心者の方が好んで一番最初に身に付ける戦法です。

相手が受けを知らないような初心者だと、簡単に、飛車成りまでもっていけます。

棒銀の受け方

棒銀を使うからには、受け方もしっかりと学んでおきましょう。
このように、金と銀で構えつつ、歩を付き出して銀が出てこれないようにします。

ポイントは、相手の銀を「7五」にも「9五」にも出てこれないようにすることです。

初心者の内は、棒銀で攻めてくる人がとても多いです。攻め方を覚えるのと同時に、受け方もしっかりと覚えておきましょう。

棒銀は原始棒銀だけではない

銀で攻める戦法の中で最も有名な「原始棒銀」には矢倉棒銀脇システムからの棒銀鳥刺しの斜め棒銀といった派生形が存在します。
実践の中で応用ができますので、原始棒銀とセットで覚えておけば攻めのバリエーションが広がりますよ!

棒銀の定跡ページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
戦法
スポンサーリンク
shogi-ruleをフォローする
スポンサーリンク
将棋のルールから覚える初心者向け入門サイト
タイトルとURLをコピーしました