超速の手順とポイント

スポンサーリンク

超速の手順とポイント

居飛車党にとって、ゴキゲン中飛車対策は頭の痛い問題でした。
居飛車穴熊に組めないのはもちろん、相手の攻撃を防ぐ効果的な指し方もなかなか見つかりませんでした。

そんな中、居飛車党の救世主として現れたのが「超速」です。
当時、奨励会だった星野三段が考案し、升田幸三賞にも選出されました。
それだけ画期的な指し方で、その後大流行することになります。

スポンサーリンク

超速の手順

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △5四歩 ▲2五歩 △5二飛 ▲4八銀 △5五歩 ▲6八玉 △3三角 ▲3六歩 △4二銀 ▲3七銀 △5三銀 ▲4六銀 △4四銀

超速のポイント

玉を囲うのもそこそこに、2段目にいた銀を4六まで超速で繰り出します。
これに呼応するように、後手も4四まで銀を繰り出して対抗します。

ここで注目したいのが、後手の角筋です。4四の銀、そして5五の歩と2段階で止められています。
これにより、振り飛車が角を使いにくく、思う存分捌くのが難しくなったのです。
角道が止まったことにより、居飛車は穴熊に組むこともでき、一方で攻撃的に左銀を繰り出して、5五の歩を狙いにいくことも可能です。

この超速の出現により、ゴキゲン中飛車を指す振り飛車党は減少しました。
もちろん、完全になくなってはいませんが、一時期ほどの勢いはありません。

とはいえ、これはプロレベルの話であって、アマチュア同士であれば振り飛車も十分戦えるといえます。
アマチュア居飛車党で、超速を指しこなすのはハードルが高いかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
戦法
スポンサーリンク
shogi-ruleをフォローする
スポンサーリンク
将棋のルールから覚える初心者向け入門サイト
タイトルとURLをコピーしました