立石流の手順とポイント

立石流の手順とポイント

石田流の好形は振り飛車党にはたまらない構えです。
ただ、それに組むために頭を悩ますことでしょう。

その石田流に組むための一つの方法に、立石流四間飛車があります。
この戦法は、先方の名前にあるとおり、アマチュアの立石勝己氏が考案したものです。

先方誕生の経緯は、なんと相手の指し手に対して、うっかり指した一手がきっかけになったとか。
まさかのミスが生み出したこの戦法は、2004年に升田幸三賞を受賞しています。

それでは、この先方の指し手を見てみましょう。

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △8四歩 ▲6八飛 △6二銀 ▲4八玉 △4二玉 ▲3八銀 △3二玉 ▲3九玉 △6二金右 ▲7五歩 △8五歩 ▲6五歩 △8六歩 ▲同歩 △同飛 ▲7八金 △8四飛 ▲8七歩 △5四歩 ▲9六歩 △5三銀 ▲2八玉 △1四歩 ▲1六歩△9四歩 ▲2二角成 △同 銀 ▲8八銀 △3三銀 ▲6六飛 △4四歩 ▲7七桂

立石流のポイント

8五の歩に対して、角を上がらず、大胆不敵に角交換を挑むのが戦法の分かれ目です。

その後、浮き飛車に成功して、振り飛車の理想形に組むことが可能です。
ただし、立石流は対策が用意されており、プロレベルになるとほとんど見られません。
振り飛車党には寂しい限りです。

立石流の定跡ページ

タイトルとURLをコピーしました