対居飛車

囲い

中原囲いの手順と組み方のポイント

相掛かりや横歩取りは早くから激しい戦いになることが多く、囲いはできるだけ早く作る必要があります。 そういったときに選択される囲いの一つが中原囲いです。 中原十六世名人が好んで使っていたことから、この名前で呼ばれるようになりました。
囲い

いちご囲いの手順と組み方のポイント

相掛かりや横歩取りは早くから激しい戦いになることが多く、囲いはできるだけ早く作る必要があります。 そういったときに選択される囲いの一つがいちご囲いです。 最短3手で囲うことができ、矢倉囲いや穴熊等、状況に応じて別の囲いへと変化させられるのが特徴です。
囲い

中住まいの手順と組み方のポイント

相掛かりや横歩取りは早くから激しい戦いになることが多く、囲いはできるだけ早く作る必要があります。 そういったときに選択される囲いの一つが中住まいです。 中央に玉を囲い、状況に応じて左右どちらにでも逃げられるのが特徴です。
囲い

アヒル囲いの手順と組み方のポイント

アヒル囲いはあまり聞き慣れない囲いだと思います。 マイナーな戦法で、プロで指す人はまずいませんが、アマチュアではおもしろがって指す人が多いです。 相手に打ち込む隙を与えないという囲いで、崩されると脆いですが、崩される前に攻めてしまおうという戦い方です。 ハメ技もあるので、覚えておくといいかも楽しめるかもしれません。
囲い

カニ囲いの手順と組み方のポイント

名前の通り、囲いの形が蟹(カニ)に似ていることからカニ囲いという名前がつけられました。 簡単に囲える囲いの割に、王手がかかりにくくて、駒も動かしやすいのが特徴です。 そのまま攻めてもいいですし、余裕があれば、ここから矢倉に変形してくことも可能です。 カニ囲いは初心者よりは上級者でよく見られる囲いです。
囲い

雁木囲いの手順と組み方のポイント

世にも珍しい囲い「雁木」。 あまり有名ではないので初心者に紹介するのはどうかと思いましたが、知っておくと面白いんじゃないかなと思ったので手順だけでも紹介します。 ちなみに雁木を指す人はほとんどいません。
囲い

矢倉囲いの手順と組み方のポイント

矢倉は主に居飛車同士の戦いで使われるたいへん有名な囲いで、 上からの攻めに強いが、横からの攻めに弱いという特徴があります。 居飛車を好む初心者同士の戦いでもよく見られる戦型になりますので、 将棋を始めたての方も覚えておくといいでしょう。
タイトルとURLをコピーしました