囲い

囲い

右矢倉囲いの手順と組み方のポイント

相振り飛車では玉が相手の飛車と向かい合う為、上から攻められます。 そこで、上部に強い右矢倉囲いが相振り飛車に採用されます。 相振り飛車の筆頭候補の金無双と違い、右矢倉囲いは1筋に逃げられるメリットがあります。
囲い

中原囲いの手順と組み方のポイント

相掛かりや横歩取りは早くから激しい戦いになることが多く、囲いはできるだけ早く作る必要があります。 そういったときに選択される囲いの一つが中原囲いです。 中原十六世名人が好んで使っていたことから、この名前で呼ばれるようになりました。
囲い

いちご囲いの手順と組み方のポイント

相掛かりや横歩取りは早くから激しい戦いになることが多く、囲いはできるだけ早く作る必要があります。 そういったときに選択される囲いの一つがいちご囲いです。 最短3手で囲うことができ、矢倉囲いや穴熊等、状況に応じて別の囲いへと変化させられるのが特徴です。
囲い

中住まいの手順と組み方のポイント

相掛かりや横歩取りは早くから激しい戦いになることが多く、囲いはできるだけ早く作る必要があります。 そういったときに選択される囲いの一つが中住まいです。 中央に玉を囲い、状況に応じて左右どちらにでも逃げられるのが特徴です。
囲い

銀冠穴熊の手順と組み方のポイント

銀冠穴熊は、穴熊の堅さだけでなく、銀冠の縦から攻めにも強いメリットを持っています。 振り飛車側が、銀冠に組んでも、玉頭戦で負けないようになっています。 また、しっかり組み上げてしまえば、攻め込まれることを気にしないで、攻めに集中することができるのは、攻め好きには嬉しいのではないでしょうか。
囲い

ビッグ4の手順と組み方のポイント

ビッグ4は、居飛車穴熊の中でも、特に堅い囲いです。 穴熊の弱点と言われている端攻めにも強く、囲いとしての弱点はほとんどないのが最大のメリットです。 この玉の堅さは、終盤に活きてくるでしょう。 反面、囲うまでに通常の穴熊よりも手数がかかるのは難点です。 相手からの急戦に注意する必要があります。
囲い

ミレニアム囲いの手順と組み方のポイント

美濃囲いや矢倉よりは固いけど穴熊よりは固くないという囲い。 硬さでいうと、穴熊の次くらいに固い囲いになります。 ミレニアム囲いの他にも、鎌倉囲い、蒲鉾(かまぼこ)囲い、トーチカ、など多くの呼び方があります。 生まれたキッカケとしては、穴熊対策である藤井システムに対応するためですね。
囲い

アヒル囲いの手順と組み方のポイント

アヒル囲いはあまり聞き慣れない囲いだと思います。 マイナーな戦法で、プロで指す人はまずいませんが、アマチュアではおもしろがって指す人が多いです。 相手に打ち込む隙を与えないという囲いで、崩されると脆いですが、崩される前に攻めてしまおうという戦い方です。 ハメ技もあるので、覚えておくといいかも楽しめるかもしれません。
囲い

カニ囲いの手順と組み方のポイント

名前の通り、囲いの形が蟹(カニ)に似ていることからカニ囲いという名前がつけられました。 簡単に囲える囲いの割に、王手がかかりにくくて、駒も動かしやすいのが特徴です。 そのまま攻めてもいいですし、余裕があれば、ここから矢倉に変形してくことも可能です。 カニ囲いは初心者よりは上級者でよく見られる囲いです。
囲い

無敵囲いの手順。名前の由来やなぜ無敵なのか?

無敵囲いとは、独学で学んでいる将棋の初心者が一番最初に辿りつきやすい囲いのことです。 実勢的な囲いではなく、どちらかというと、将棋の有識者が初心者をバカにするような場合に使われます。
囲い

ボナンザ囲いの手順と組み方のポイント

Bonanza(ボナンザ)という将棋ソフトが昔よく指していたことからこの名前がつけられました。 最近のボナンザではあまり使われないみたいですが・・・。 あまり実践的な囲いではなく、プロ棋士の間ではほぼ指している人はいません。
囲い

天守閣美濃の手順と組み方のポイント

天守閣美濃は左美濃囲いの応用です。 美濃囲いの硬さを維持しつつ、王の位置を一段上にずらすことで、相手の角道から王様をずらすことができます。
囲い

雁木囲いの手順と組み方のポイント

世にも珍しい囲い「雁木」。 あまり有名ではないので初心者に紹介するのはどうかと思いましたが、知っておくと面白いんじゃないかなと思ったので手順だけでも紹介します。 ちなみに雁木を指す人はほとんどいません。
囲い

舟囲い(船囲い)の手順と組み方のポイント

舟囲いは最も手数をかけずに囲えるお手軽な囲いです。 王様が船に乗っているような姿からその名前がつけられました。 横からの攻めに強いので相手が振り飛車の時に使います。 手数をかけずにお手軽に囲える分、守備力は弱いです。
囲い

居飛車穴熊囲いの手順と組み方のポイント

居飛車の囲いの中では最強の囲いです。 絶対に王手がかからないので、攻めることに集中できます。 その半面、多くの駒を守りに使うので攻めの駒が足りなかったり、 一番奥に王様を置くので逃げ道がないといった弱点もあります。
囲い

左美濃囲いの手順と組み方のポイント

本来、美濃囲いは振り飛車のための囲いですが、居飛車でも作ることができます。 船囲いよりも横からの攻めに強くなり終盤も安定した戦いができるようになるはずです。
囲い

矢倉囲いの手順と組み方のポイント

矢倉は主に居飛車同士の戦いで使われるたいへん有名な囲いで、 上からの攻めに強いが、横からの攻めに弱いという特徴があります。 居飛車を好む初心者同士の戦いでもよく見られる戦型になりますので、 将棋を始めたての方も覚えておくといいでしょう。
囲い

金無双の手順と組み方のポイント

囲いの中で圧倒的に名前がカッコいい「金無双」。 特に四間飛車や三間飛車が相手の時に強さを発揮します。 金二枚を並べることから「二枚金」と呼ばれたりもします。
囲い

振り飛車穴熊囲いの手順と組み方のポイント

振り飛車の中で最強の囲いです。 絶対に王手がかかることがありません。 半面、攻め駒が足りなくなったり王の逃げ道がないといったデメリットもあります。
囲い

銀冠の手順と組み方のポイント

銀冠は、高美濃囲いの変化形です。 美濃囲い → 高美濃囲い → 銀冠 という流れのイメージですね。 進化するにつれて、より上からの攻めに強くなり、より横からの攻めに弱くなっていきます。
タイトルとURLをコピーしました