ルール

ルール

将棋の格言

将棋の格言について紹介します。 格言は将棋の先人達の経験から注意すべきポイントを示してくれるありがたいお言葉です。 局面で悩んだ時に思い出してみてください。
ルール

入玉した場合の将棋のルール

入玉とは王の駒が相手の陣地に入ることを言います。 詰ませることがたいへん困難になるため特別なルールがあります。 今回は入玉におけるルールを紹介していきます。 2パターンあります。条件を満たしていればどちらを選んでもOKです。
ルール

将棋の禁じ手

将棋で対局するにあたって禁止されている手のことを「禁じ手」と呼びます。 対局中に禁じ手をしてしまうと、反則負けになるので確実に覚えておくようにしましょう。
ルール

禁じ手以前のダメな将棋の駒の動かし方

将棋の駒の基本的な動かし方のルールについて紹介します。 駒を動かす上で最低限知っておかなければいけない基本の「き」です。
ルール

将棋の持ち時間

将棋には「持ち時間」と呼ばれる、時間制限があります。 大会によって時間は様々ですが、対局者同士が同じ持ち時間で指すことが決まりです。
ルール

将棋の対局中のマナー

ルールとまでいかないけど、最低限守っておきたいマナーについて紹介します。 いろんな年代の方々が遊ぶゲームです。お互い気持ちよく将棋ができるようにしましょう。 将棋というより人としてのマナーかもしれません。 人間関係が希薄に...
ルール

将棋の勝敗の決まり方

将棋の勝敗の決まり方について紹介します。 勝敗の決まり方は、大きく分けて5パターンです。 その5つを順番に見ていきましょう!
ルール

将棋の「序盤」「中盤」「終盤」とは?

将棋の対局における「序盤」「中盤」「終盤」について説明してきます。 はっきりした定義が決まっているわけではない抽象的な概念ですが、一般的によく使われる用語ですので覚えておくようにしましょう!
ルール

将棋の先手と後手の決め方

将棋は駒を交互に指していくゲームです。 最初に指す人を「先手」 あとから指す人を「後手」 と呼びます。 今回は、「先手」と「後手」の決め方について説明します。
ルール

将棋の対局の大まかな流れ

将棋の対局の流れについて紹介します。 対局の大まかな流れを確認しましょう。
ルール

将棋の駒の位置の表し方

上の図を見てもらうと分かると思いますが、将棋盤には数字と漢数字が書かれてますよね? これは盤上の駒の位置を表すための番号です。 数字⇒漢数字の順に読み上げて場所を把握します。
ルール

将棋の持ち駒の使い方

持ち駒とは、相手から奪って自分の手持ちとしている駒のことです。 奪った駒は駒台の上に置き、自分の手番の自由なタイミングで、盤上の空いている好きな位置に置いて使用することができます。 好きなタイミング 好きな位置 この2つの自由度の高さから、盤上での駒の動きは無限にあるとまで言われています。
ルール

相手の駒の取り方

将棋の醍醐味は相手の駒を「取って」自分の駒として使えることです。 今回は、駒を「取る」ことについて説明していきます。
ルール

将棋の駒の成り方

将棋は相手の陣地に入ると、より強力な駒へと進化します。 これを駒が「成る」と言います。 今回は、駒の「成り」について説明していきます。
ルール

歩の効果的な手筋

ここでは、代表的な手筋を紹介します。 パターンをできるだけ覚えて、実践でも使いこなせるようにしましょう!
ルール

香車の動き方と効果的な手筋

香車はどこまでも直線に動ける駒です。 ですので、その特徴を最大限に活かすためには、できるだけ敵陣から遠い位置に打つのが理想できです。(動ける範囲が大きくなるので。)
ルール

桂馬の動き方と効果的な手筋

桂馬はマスを飛び越えて斜め前方に飛び跳ねることができる特殊な駒です。 その特殊さゆえに、初心者のうちは使いづらいと思われるかもしれませんが、使い方によっては大変有効な駒になります。 ぜひ使い慣れていただき、1ステップ上の将棋を目指しましょう!
ルール

角の動き方と効果的な手筋

角は基本的には王様の側に置き、王様を守るために活躍する駒です。 金の動き方を学び、王様を手厚く保護してあげてください。
ルール

銀の動き方と効果的な手筋

銀は攻めにも守りにも使えるとても使い勝手のいい駒です。 2枚ある内の1枚は攻めに、もう1枚は守りに使うというケースが多いですね。 攻守ともに使い方を勉強しましょう!
ルール

飛車の動き方と効果的な手筋

将棋の駒の中で最も強い飛車。 縦横無尽に暴れ回ることができます。 初心者でも使いやすい駒ですので、ガンガン活用していきましょう!
タイトルとURLをコピーしました