横歩取りの手順とポイント

横歩取りの手順とポイント

飛車、角、桂馬が華々しく舞う、それが横歩取りの魅力でしょう。
プロでもタイトル戦の主要戦法になることが多く、それだけ奥の深い戦法といえます。

 

今回は、横歩取りで有名な8五飛車型を紹介します。

 

 

横歩取りの手順

 

(gif動画)

▲7六歩 ▽3四歩 ▲2六歩 ▽8四歩 ▲2五歩 ▽8五歩 ▲7八金 ▽3二金 ▲2四歩 ▽同 歩 ▲同 飛 ▽8六歩 ▲同 歩 ▽同 飛 ▲3四飛 ▽3三角 ▲3六飛 ▽2二銀 ▲8七歩 ▽8五飛

横歩取りの手順

 

横歩取りのポイント

 

中座飛車ともいえる、この飛車の位置が、横歩取りの歴史を大きく変えました。
先手が飛車交換後に、3四の歩を取るところまでは、従来どうりでしたが、その後の後手の飛車の引き場所が、いわゆる「高飛車」という形に。
しかし、悪いと言われていた形が定跡として成立してしまうところに、将棋の奥深さがあるのですから驚きです。

 

 

関連メニュー