鬼殺し戦法の手順とポイント

鬼殺し戦法の手順とポイント

鬼殺し戦法・・・、名前を聞くからに、強そうな戦法です。
鬼をも殺すほど、強力な戦法とはどんなものなのでしょうか。

 

鬼殺し戦法は、超攻撃的な戦法です。飛車・角・桂馬のコンビネーションで、相手陣を破ります。
いわゆる奇襲戦法として、非常に有名な戦法です。
それでは、その指し手を見ていきましょう。

 

 

鬼殺し戦法の手順

 

相手の陣形を突き破るまでの手順を見ていきましょう。
鬼殺しは成功すると相手の適陣まで飛車で突破することができる強力な技です。

 

(gif動画)

▲7六歩 ▽3四歩 ▲7七桂 ▽8四歩 ▲6五桂 ▽6二銀 ▲7五歩 ▽6四歩 ▲2二角成 ▽同 銀 ▲5五角 ▽3三銀 ▲6四角 ▽5二金右 ▲7四歩 ▽6三金 ▲7八飛 ▽6四金 ▲7三歩成 ▽同 桂 ▲同桂成 ▽同 銀 ▲同飛成

鬼殺し戦法の手順

 

 

鬼殺し戦法のポイント

 

いきなる跳ねる桂馬

 

まず、3手目に桂馬をはねるのが、この戦法の大きな特徴です。

 

開いた角道を、いきなり止めることになりますが、すぐに▲6五桂と跳ねます。
「桂馬の高飛び歩の餌食」という格言は全く無視です。

 

鬼殺し戦法のポイント-いきなる跳ねる桂馬

 

桂馬の躍動感が半端ないです。

 

ど真ん中に角を打ち込め!

 

角交換後、すぐに天王山に角を打ち込み、7三の地点に狙いを定めます。
銀と歩の両取りの形になり、桂馬を取ろうとしていた歩を取ることができます。
鬼殺し戦法のポイント-ど真ん中に角を打ち込め!

 

飛車を回って敵陣突破

 

その後、相手は懸命に受けてきますが、最終的には、先手の飛車まで回り込みで、こちらの駒の数が相手を上回り敵陣を破ることができます。

 

7三に効いている駒の数はこちらの赤丸が3つ、相手の青丸が2つなので、数的に勝っているのが分かります。
鬼殺し戦法のポイント-飛車を回って敵陣突破

 

ここまで来れば、先手勝勢に近い局面といえるでしょう。
鬼殺し戦法は、一発ハマるととてつもない破壊力を持ちます。

 

ちなみに、鬼殺し戦法には、正しい受け方がありますので、それを知っている相手には空振りで終わります。あくまで奇襲戦法ですので、受け方を知らない初心者相手にだけ通用する戦法かもしれませんね。

 

   このエントリーをはてなブックマークに追加