金無双の手順と組み方のポイント

金無双の手順と組み方のポイント

金無双の形

 

囲いの中で圧倒的に名前がカッコいい「金無双」。

 

特に四間飛車や三間飛車が相手の時に強さを発揮します。
金二枚を並べることから「二枚金」と呼ばれたりもします。

 

 

概要

囲いの名称 金無双
読み方 きんむそう
自分の戦法 振り飛車
長所 (美濃囲いより)上からの攻めに強い
短所 (美濃囲いより)横からの攻めに弱い
手数 7手

 

金無双の手順

 

一般的な金無双の手順です。(gif動画)

6八飛 → 4八王 → 3八王 → 4八金 → 5八金 → 2八銀 → 1六歩

 

金無双の手順

 

 

金無双を組むためのポイント

 

ポイントは金を二枚並べることだけですね。

 

飛車を振る

 

振り飛車の囲いなので、まずは飛車を振ります。
手順では四間飛車を想定してますが、好きな位置で構いません。

 

金無双のポイント-飛車を振る

 

王を3筋へ

 

王様を3筋まで移動させます。

 

金無双のポイント-王様を3筋まで移動

 

金二枚を並べる

 

金無双のネーミングたる所以(ゆえん)となる金を二枚並べます。

 

金無双のポイント-金を二枚並べる

 

手順ではもう少し紹介してますが、実はこれでも金無双は出来上がっています。
金無双は王の左に金が二枚並んだ形を指すのでこの状態でも金無双と言えます。

 

今回紹介したように2八に銀を上げる形も金無双です。
この辺は相手の出方を見て囲いを決めるといいでしょう。

 

   このエントリーをはてなブックマークに追加