将棋の3つの魅力

将棋の魅力

大人から子供まで多くの人に親しまれている将棋ですが、何がそんなにもわたしたちを惹きつけるのでしょうか。
わたしが思う、将棋の魅力を10つ紹介します。

 

 

誰でも参加可能

 

将棋は固いイメージがありますが、ルールさえ覚えれば誰でも参加することができます。
将棋盤と駒と対戦相手さえいれば、いつでもどこでも楽しめる遊びです。

 

近年では、インターネットを活用したオンライン将棋が発展していて、スマホやパソコンからでも手軽に将棋ができるようになりましたね。

 

幅広い層の人が楽しめるゲーム

 

幼稚園児の子供から90歳を超えるような高齢の方まで、様々な層の人が娯楽として楽しめるゲームが将棋です。
将棋のルールを知っていれば、初心者であろうがプロであろうが同じように楽しむことができます。
世代を超えてコミュケーションを取るには最適なゲームです。

 

高度な頭脳戦

 

将棋は高度な頭脳戦です。将棋の駒の組み合わせは無限にあると言われています。
無限にある手の中で、どうやったら勝てるかを常に考えて最善の手を指して勝利を目指すゲームです。
論理的な思考回路を遊びながら身につけることができます。

 

「わたしの兄弟は頭が悪いから東大に入り、自分は頭がよかったからプロ棋士になった。」という都市伝説のような言葉も残っています。
全くもってすごい世界です・・・。

 

強さがハッキリ分かる

 

将棋には棋力といって、自分の将棋の実力が分かる指標があります。
だいたい15級から始まり4段以上はプロになります。

 

「初段目指して頑張ろう」などといったように、モチベーションを高めて将棋を指すことができます。

 

勝つとうれしい、負けると悔しい

 

将棋は勝ち負けのあるゲームです。
頭脳をフルに回転させて自分の持てる力を発揮して勝てた時は嬉しいし、負けるととても悔しい。

 

嬉しいという感情も、悔しいという感情も、「また将棋を指そう」という気持ちにさせてくれます。

 

   このエントリーをはてなブックマークに追加