パックマン戦法の手順とポイント

パックマン戦法の手順とポイント

ゲームのパックマンのようにパクっと歩を取るのがこの戦法の特徴です。いかにも、後手が餌を撒いているように見えますが、先手は構わず角で取りにいきます。その後は乱戦になりますが、激しく戦いたい人はたまらない展開になります。

 

受け方を知らないと、先手は一気に潰される可能性もあり、後手はここ一番の秘密兵器として仕込んでおくと良いかもしれません。

 

ちなみに、プロではほとんど見られません。その理由は、手順を進めながら見ていきましょう。

 

 

パックマン戦法の手順

 

(gif動画)

▲7六歩 △4四歩 ▲同角 △4二飛 ▲5三角成 △3四歩 ▲4二馬 △同銀 ▲8八銀 △9五角 ▲7七飛 △3三桂

パックマン戦法の手順

 

パックマン戦法のポイント

 

二手目の△4四歩がパックマン戦法の出だしになります。先手が挑発に乗ると、後手は飛車を転換して戦いのゴングがなります。

 

▲5三角成に対して、角道を開けるのがポイント。この角道が強く、△9五角の一手につながります。

 

この手に対する受け方を知らないと一気に先手は潰れてしまいますが、▲7七飛が先手の切り札。これで受けが成立しています。

 

結果としては、パックマン戦法はプロ同士では正しく受けられて成立しないといわれています。しかし、受け方を知らないアマチュアに対しては快勝できること間違いなしです。

 

 

関連メニュー