ダイレクト向かい飛車の手順とポイント

ダイレクト向かい飛車の手順とポイント

角交換振り飛車の一種で、佐藤康光九段が得意としています。互いに角を保つことで、力戦調になりやすいのも特徴です。

 

「ダイレクト」とわざわざ呼ぶのは理由があり、本来は一度四筋に飛車が途中下車して、その後二筋に回るというのが一般的でした。これは角交換後に馬を作らせないためというのが理由です。

 

しかし、馬を作らせたとしても、戦法が成立することがわかり、このダイレクト向かい飛車が生まれたのです。

 

 

ダイレクト向かい飛車の手順

 

(gif動画)

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △8八角成 ▲同銀 △4二銀 ▲6八玉 △3三銀 ▲4八銀 △2二飛 ▲6五角 △7四角 ▲4三角成 △5二金右

ダイレクト向かい飛車の手順

 

△2二飛までが基本手順で、いきなり飛車が二筋へ転回します。

 

角を打たれても大丈夫。せっかく作った馬を詰ませることができます。この後も変化はありますが、後手が十分に戦えます。

 

ダイレクト向かい飛車のポイント

 

このように、馬を作らせることを心配する必要がないため、後手としては、四筋で途中下車しない分の一手を活かして、様々な指し手が考えられます。

 

また、アマチュアの方も、向かい飛車にしていることから、ここからの攻め方が明確なのが嬉しいところです。二筋から歩交換→棒銀など、有力な攻め筋があります。

 

   このエントリーをはてなブックマークに追加