初心者におすすめの戦法

初心者におすすめの戦法

初心者におすすめの戦法を紹介します。
数で突破することを覚えてもらえるものを選びました。

 

 

右、左、中央、どこから攻める?

 

将棋の攻め方は大きく分けると3種類です。
右から攻める居飛車。左から攻める振り飛車。中央から攻める中飛車。少しだけ解説します。

 

居飛車

 

居飛車

 

飛車の位置を動かさないため、一番初心者向きな戦法です。
具体的な戦法としては、棒銀や雀刺しといった比較的、初心者向きな戦い方ができます。

 

まずは居飛車を練習して将棋に慣れましょう。

 

振り飛車

 

振り飛車

 

振り飛車では飛車の位置を右から左に移して戦います。
飛車の場所によって呼び方が変わるため、振り飛車を選ぶ際は、どこに飛車を振るかも考えないといけません。
振り飛車の中でも飛車の位置で呼び方が異なります。

 

四間飛車

 

4列目に飛車を移動した場合は四間飛車。
四間飛車

 

三間飛車

 

3列目に飛車を移動した場合は三間飛車。
三間飛車

 

向かい飛車

 

2列目に飛車を移動した場合は向かい飛車。相手が居飛車の場合は、飛車同士が向かいあっているため「向かい」飛車という名前になっています。
向かい飛車

 

中飛車

 

中飛車は、中央の5筋に飛車を移動する戦法で、中央突破を図る狙いです。
中飛車

 

初心者におすすめな戦法

 

それでは初心者の方におすすめな戦法を紹介していきます。

 

棒銀

 

初心者ころ誰もが一度は絶対にやっている戦法で、プロでも長年愛用している方もいらっしゃりして有名な戦法になります。
居飛車の戦法で、飛車先の歩と銀で角の頭を突き破るという戦法です。

 

相手の動きを無視して棒銀の基本の動きは以下の通り。
棒銀

 

受け方を知らない初心者は一瞬で突き破られてあっという間に相手陣地に侵入できるようになります。
初心者の方は、戦法は「棒銀」、守りは「矢倉」という組み合わせが一番オーソドックスです。

 

まずは、棒銀にチャレンジしてみましょう!

 

棒銀の戦法と対策

 

四間飛車

 

四間飛車

 

棒銀に匹敵するほど人気なのが四間飛車と呼ばれる戦法。
飛車を4筋に移動させることから四間という名前になっています。

 

振り飛車の戦法で、攻守の駒がハッキリするので初心者の方にも分かりやすいです。
攻守ともにバランスがよく、王様は美濃囲いでしっかりと守りつつ、四間飛車で4筋からガッツリ攻めるといったことが可能です。

 

四間飛車の戦法の手順

 

雀刺し

 

初心者向きといいますが、初心者だからこそ通用しやすい居飛車の戦法です。
雀刺しは端に駒を集めて、突き破って攻める戦法です。

 

角、桂馬、歩、香車、飛車の五枚で怒涛の攻めを見せてやりましょう。
雀刺しのポイント

 

雀刺しのポイントと手順

 

ゴキゲン中飛車

 

中飛車の代表的な戦法。
棒銀、四間飛車に飽きてきた方は、次にゴキゲン中飛車を試してみてください。

 

ガンガンいこうぜ!といった攻め方もできればゆったりとした攻め方もできて、意外と柔軟性のある戦法です。
超急戦なんて数分で決着がついてしまうような変化もあったりして楽しいですよ。

 

ゴキゲン中飛車の戦法の手順

 

藤井システム

 

少し難易度が上がりますが、覚えておくと大変強力な技です。
初心者を抜けたい方はぜひ知っておいて欲しいですね。

 

名前の通り藤井猛先生が考案した戦法。
自分が振り飛車で相手が穴熊に入ろうとした瞬間に攻撃を仕掛けて一気に必勝態勢に持っていく戦法です。ある意味ハメ技です。

 

振り飛車の中でも四間飛車の戦法とされていますが、中飛車でもその他の振り飛車でも藤井システムを発動させることは可能です。

 

藤井システムの手順

 

組み方が複雑なので、まずは棒銀などで数をこなしてから藤井システムを徐々に勉強していってください。

 

藤井システムの手順を覚えて居飛車穴熊をやっつけろ!

 

将棋の初心者におすすめの戦法と攻め方のコツ記事一覧

初心者向け!棒銀(原始棒銀)の戦法と対策(受け方)

「棒銀」は居飛車の戦法で、飛車の頭を歩と銀で進めて角の頭を狙います。右銀をぐんぐん繰り出して、一気に敵陣突破を目指します。単純なようですが、攻撃力は高く、受け間違えると簡単に突破を許してしまいます。受け方を知らないと大怪我するのでしっかりと覚えましょう。棒銀の動かし方(gif動画)▲六歩 ▽四歩 ▲...

≫続きを読む

 

右四間飛車の手順とポイント

強力な破壊力で相手を一気に粉砕!そんな快感を味わえるのが、右四間飛車の魅力です。初段前後の方が対局者だと一発ハマる可能性も高いでしょう。まずはその手順を見ていきましょう。右四間飛車の手順右四間飛車で先頭態勢に入るまでの手順です。この後、激しい戦いになります。ちなみに後手の戦法です。(gif動画)▲7...

≫続きを読む

 

初心者におすすめな四間飛車の戦法の手順

将棋の初心者におすすめな有名な攻め方は居飛車と振り飛車でそれぞれ1種類ずつあります。居飛車の代表的な戦法が棒銀。(参考 → 初心者向け!棒銀の戦法と対策(受け方))振り飛車の代表的な戦法が四間飛車。今回は四間飛車の基本について解説していきます。四間飛車の手順四間飛車の代表的な手順は以下のとおりです。...

≫続きを読む

 

三間飛車の手順とポイント

三間飛車といえば、すっかり「石田流」の印象がついてしまっているかもしれません。もともとは、軽い捌きを身の上にする棋士の方々が愛用していた戦法ですが、居飛車穴熊の台頭もあり、今では角道を止めるノーマル三間飛車はほとんど見なくなりました。少し懐かしい感じもしますが、この記事では、ノーマル三間飛車の基本的...

≫続きを読む

 

ゴキゲン中飛車の戦法の手順

ゴキゲン中飛車は火力抜群のガンガン攻めることが好きな人向けな攻め方です。基本的には攻めながら受けるといった駒組みですので、手順を間違えるとボコボコにやられてしまいます。ゴキゲン中飛車をする上でのポイントやコツをしっかりとまとめましたので、特に初心者の方はよく勉強してください!ゴキゲン中飛車の手順自陣...

≫続きを読む

 

藤井システムの手順を覚えて居飛車穴熊をやっつけろ!

初心者の方も一度は名前を聞いたことがあろう藤井システムの基本の手順について解説していきます。決まればめちゃくちゃ爽快です。居飛車穴熊に苦しんでいる方々は、ぜひ身につけて実践してみてください!藤井システムとは?藤井システムは、その名の通り藤井猛先生が考案した戦法の1つです。歴史は古く1998年に誕生し...

≫続きを読む

 

鬼殺し戦法の手順とポイント

鬼殺し戦法・・・、名前を聞くからに、強そうな戦法です。鬼をも殺すほど、強力な戦法とはどんなものなのでしょうか。鬼殺し戦法は、超攻撃的な戦法です。飛車・角・桂馬のコンビネーションで、相手陣を破ります。いわゆる奇襲戦法として、非常に有名な戦法です。それでは、その指し手を見ていきましょう。鬼殺し戦法の手順...

≫続きを読む

 

雀刺しのポイントと手順

「雀刺し」は1筋に厚みを持たせて端から突破する方法です。受けを知らない人に使うと効果てきめんなのでぜひ試してみてください。雀刺しのポイント雀刺しは、1筋を駒の数を利用して突破する方法です。香車、飛車が1列に並び、ガンガン突き刺していくイメージですね。1三に利いている駒は、歩、桂馬、香車、飛車、角の5...

≫続きを読む

 

角換わりの手順とポイント

序盤から角交換を行い、先後互いに激しい攻防を繰り広げられるのが角換わり戦法の特徴です。角を手持ちにすることで、この大駒を自由に使えることが、魅力です。先手が攻めて、後手がカウンターを狙うというのがこの戦法の基本的な流れになります。「先手が攻めきれるのか、後手が受けきれるのか」という研究が数十年に渡り...

≫続きを読む

 

横歩取りの手順とポイント

飛車、角、桂馬が華々しく舞う、それが横歩取りの魅力でしょう。プロでもタイトル戦の主要戦法になることが多く、それだけ奥の深い戦法といえます。今回は、横歩取りで有名な8五飛車型を紹介します。横歩取りの手順(gif動画)▲7六歩 ▽3四歩 ▲2六歩 ▽8四歩 ▲2五歩 ▽8五歩 ▲7八金 ▽3二金 ▲2四...

≫続きを読む

 

石田流の手順とポイント

捌きを重視した、受け身の三間飛車とは一転、攻撃的な三間飛車が石田流です。もともとは、石田検校という江戸時代の棋士が考案した戦法で、奇襲戦法の一種といわれていました。しかし、これを、かの天才・升田幸三が蘇らせるのです。そして、現代将棋では振り飛車の主力戦法の一つとなっています。石田流の手順(gif動画...

≫続きを読む

 

早石田の手順とポイント

石田流の奇襲戦法の一種に、この早石田の有名な指し方があります。あまりに華麗な手順で、この一局だけで1週間ほど余韻が楽しめるかもしれません。それでは、早速手順を見ていきましょう。早石田の手順(gif動画)▲7六歩 ▽3四歩 ▲7五歩 ▽8四歩 ▲7八飛 ▽8五歩 ▲4八玉▽8六歩 ▲同 歩 ▽同 飛 ...

≫続きを読む

 

一手損角換わりの手順とポイント

通常では、角換わりは「先手が攻めて、後手がカウンターを狙う」というものでした。しかし、それでは後手が受け身になり、最悪攻めきられて何もできずに終わる可能性もあり、面白みが無いと考える人も出てきました。そこで、脚光を浴びたのが、この「一手損角換わり」です。「一手損角換わり」は、その受け身になりがちな、...

≫続きを読む

 

棒金の手順とポイント

プロ・アマ問わず大人気の「石田流三間飛車」。美濃囲いの堅陣と、飛車、角、銀、桂が綺麗に配置される陣形は、美しいの一言です。しかし、居飛車党にとっては、頭の痛い問題です。下手すると、振り飛車党に綺麗に捌かれて、完敗を喫してしまうリスクもあります。そこで、石田流対策として、いくつかの指し方があります。そ...

≫続きを読む

 

相振り飛車の手順とポイント

「相振り飛車」は、文字通り両方の飛車を振る戦法です。最近は、プロのタイトル戦でも見られるようになりましたが、かつてはどちらかというとB級戦法のような位置づけでした。そのため、20年ほど前の相振り飛車は、力戦のイメージがありました。それが変化したのは、序盤の進化により、相手の出方によっては相振り飛車に...

≫続きを読む

 

筋違い角の手順とポイント

序盤早々に先手から角交換を行い、後手の3四の歩を狙う。これが「筋違い角」のスタートになります。手順の紹介にもありますが、後手が受け方を間違えると一気に潰す破壊力も持っています。そのため、アマチュア同士の対局であれば、有力な戦法といえるかもしれません。「筋違い角」のメリットは、なんといっても序盤から一...

≫続きを読む

 

相掛かりの手順とポイント

対局者が居飛車党同士だと、この相掛かりになることがあります。棋士によっては、「自分が飛車先の歩を突いて、相手も飛車先の歩を突いてきたら胸が高まってくる」というくらい、一部の棋士の間では人気の高い戦法でもあります。相掛かりは、指し手のバリエーションが広いのが特徴です。攻撃的な指し手も選択できれば、攻守...

≫続きを読む

 

レグスペの手順とポイント

対局者が居飛車党同士だと、この相掛かりになることがあります。棋士によっては、「自分が飛車先の歩を突いて、相手も飛車先の歩を突いてきたら胸が高まってくる」というくらい、一部の棋士の間では人気の高い戦法でもあります。相掛かりは、指し手のバリエーションが広いのが特徴です。攻撃的な指し手も選択できれば、攻守...

≫続きを読む

 

超速の手順とポイント

居飛車党にとって、ゴキゲン中飛車対策は頭の痛い問題でした。居飛車穴熊に組めないのはもちろん、相手の攻撃を防ぐ効果的な指し方もなかなか見つかりませんでした。そんな中、居飛車党の救世主として現れたのが「超速」です。当時、奨励会だった星野三段が考案し、升田幸三賞にも選出されました。それだけ画期的な指し方で...

≫続きを読む

 

カニカニ銀の手順とポイント

対局者が居飛車党同士だと、この相掛かりになることがあります。棋士によっては、「自分が飛車先の歩を突いて、相手も飛車先の歩を突いてきたら胸が高まってくる」というくらい、一部の棋士の間では人気の高い戦法でもあります。相掛かりは、指し手のバリエーションが広いのが特徴です。攻撃的な指し手も選択できれば、攻守...

≫続きを読む

 

ダイレクト向かい飛車の手順とポイント

角交換振り飛車の一種で、佐藤康光九段が得意としています。互いに角を保つことで、力戦調になりやすいのも特徴です。「ダイレクト」とわざわざ呼ぶのは理由があり、本来は一度四筋に飛車が途中下車して、その後二筋に回るというのが一般的でした。これは角交換後に馬を作らせないためというのが理由です。しかし、馬を作ら...

≫続きを読む

 

中飛車左穴熊の手順とポイント

固めるだけ固めてガンガン攻める。まさに理想的な展開ですが、それを実現する新たな戦法が注目を集めています。それが中飛車左穴熊です。一見すると、出だしは普通の中飛車のように見えますが、その後、玉は左に囲います。これが奇異に見えますが、冒頭の理想を実現する最高の手段となるのです。実際、プロ棋士の間でも指さ...

≫続きを読む

 

腰掛け銀の手順とポイント

腰掛け銀は、角換わりからの変化の一つです。棒銀や早繰り銀と並び、プロ棋士の間でも頻繁に指されます。タイトル戦など主要棋戦でも、居飛車党同士の対局であれば出てくる可能性が高いです。特に、谷川九段や丸山九段などが得意としています。腰掛け銀の特徴は前後同型になることです。基本的には、先手が攻めて、後手が受...

≫続きを読む

 

パックマン戦法の手順とポイント

ゲームのパックマンのようにパクっと歩を取るのがこの戦法の特徴です。いかにも、後手が餌を撒いているように見えますが、先手は構わず角で取りにいきます。その後は乱戦になりますが、激しく戦いたい人はたまらない展開になります。受け方を知らないと、先手は一気に潰される可能性もあり、後手はここ一番の秘密兵器として...

≫続きを読む

 

袖飛車の手順とポイント

阪田三吉が、飛車をたった一つ動かすのを袖のように例えたのがこの戦法です。たった一筋飛車をずらしただけで、普段指している将棋とガラッと変わります。ちなみに、飛車を移動させていますが、居飛車に分類されています。どちらかというと、攻撃的な戦法で攻め好きな方にはおすすめです。奇襲戦法としてよく取り上げられま...

≫続きを読む

 

角頭歩戦法の手順とポイント

頭の丸い角頭の歩を突くという常識はずれの一手を指すのが、角頭歩戦法です。通常守るはずの歩を積極的に突いてしまうのは、まさに盲点といえるでしょう。この戦法の狙いは、その歩をめがけて相手が勢い歩を突いてきた時に現れます。この将棋は、代表的な奇襲戦法の一種ですが、実はプロの対局でも指されています。しかも、...

≫続きを読む

 

矢倉棒銀の手順とポイント

矢倉囲いの堅陣を棒銀で一気に破ってしまおうという超攻撃的な戦法です。一見すると、奇襲戦法のようにも思いますが、実はこれは立派な戦法と成立するのです。プロ対局でも、名人戦で出てくるほど、この戦法は有力なものとなっています。もちろん、狙いが単純なので頻出することはありませんが、いざという一局で有力な武器...

≫続きを読む

 

立石流の手順とポイント

石田流の好形は振り飛車党にはたまらない構えです。ただ、それに組むために頭を悩ますことでしょう。その石田流に組むための一つの方法に、立石流四間飛車があります。この戦法は、先方の名前にあるとおり、アマチュアの立石勝己氏が考案したものです。先方誕生の経緯は、なんと相手の指し手に対して、うっかり指した一手が...

≫続きを読む

 

鬼殺し向かい飛車の手順とポイント

奇襲戦法として有名な鬼殺し戦法。これを向かい飛車として発展させたいのが、鬼殺し向かい飛車です。向かい飛車になっても、鬼殺し戦法の醍醐味である奇襲の要素はバッチリ残っています。それでは、早速指し手を見ていきましょう。鬼殺し向かい飛車の手順(gif動画)▲六歩 ▽四歩 ▲五歩 ▽三角 ▲六歩 ▽二飛 ▲...

≫続きを読む