左美濃囲いの手順と組み方のポイント

左美濃囲いの手順と組み方のポイント

左美濃囲いの形

 

本来、美濃囲いは振り飛車のための囲いですが、居飛車でも作ることができます。

 

船囲いよりも横からの攻めに強くなり終盤も安定した戦いができるようになるはずです。

 

 

概要

囲いの名称 左美濃囲い
読み方 ひだりみのがこい
自分の戦法 居飛車
長所 横からの攻めに強い
短所 上からの攻めに弱い
手数 7手

 

左美濃囲いの手順

 

一般的な左美濃囲いの手順です。(gif動画)

7六歩 → 6八王 → 7八王 → 5八金 → 7七角 → 8八王 → 7八銀 → 9六歩

 

左美濃囲いの手順

 

 

左美濃囲いを組むためのポイント

 

最初は船囲いを目指すつもりで指していき、相手の出方を見て左美濃囲いにするか決めるといいと思います。

 

船囲いを目指す

 

途中までは船囲いのような感じで進んでいきます。
美濃囲いに組もうと意識して駒を進めるより、最初は船囲いを目指して組むのがいいでしょう。

 

左美濃囲いのポイント-船囲いを目指す

 

角を上げる

 

8筋に王様を移動させるために角を上げます。

 

左美濃囲いのポイント-角を上げる

 

8筋に王様を移動

 

8筋に王様を移動させます。

 

左美濃囲いのポイント-8筋に王様を移動

 

銀で締める

 

銀を上げてカチッとハメれば左美濃囲いの完成です!

 

左美濃囲いのポイント-銀を上げる

 

王様の逃げ道を確保

 

最後に、美濃囲いと同じですが、端の歩を突いておき王様の逃げ道を確保しておきましょう。
終盤の勝敗の分かれ目になる可能性もある意外と重要な一手です。

 

左美濃囲いのポイント-王様の逃げ道を確保

 

 

関連メニュー