将棋の禁じ手

将棋の禁じ手

将棋で対局するにあたって禁止されている手のことを「禁じ手」と呼びます。
対局中に禁じ手をしてしまうと、反則負けになるので確実に覚えておくようにしましょう。

 

 

二歩の禁止

 

歩を同じ列に2枚打つことです。
離れていてもひっついていてもダメです。
なお、歩が成っている場合は二歩にはなりません。

 

二歩の例

 

同じ列に「歩」を2枚並べているので反則になります。
二歩

 

二歩にならない例

 

歩の駒が並んでますが、「成」駒なので反則にはなりません。
二歩にならない

 

二歩はプロの将棋でもたまにあります。考えすぎるがゆえに初歩的なところでミスをしてしまいがちです。

 

これ以上動くことができない駒は禁止

 

駒の性質上、これ以上動くことのできなくなる駒は、打つことができません。
後ろに下がれない以下の駒が対象です。

 

 

基本的に歩や香や桂は相手陣地では「成る」と考えてください。

 

例えば、以下のように歩を打ってしまうと、これ以上動けなくなるので反則負けになります。
これ以上動くことができない駒

 

打ち歩詰めは禁止

 

持ち駒の歩を使って、詰めろ(王が逃げられなくなる)をかけることはできません。

 

例えば以下の状況で持ち駒の歩を以下の場所に打つことはできません。
打ち歩詰め

 

※歩の駒以外であれば何の問題ありません。

 

連続千日手は禁止

 

同じ局面を繰り返すことはできません。
局面が進まないため、勝敗をつけることができないからです。

 

他の禁じ手と違い、千日手をしても負けにはなりません。
同じ局面が4回続いた時点で「千日手」となり先手と後手を入れ替えて指し直しとなります。

 

例えば以下のように同じ局面が永遠に繰り返すような手が千日手です。
千日手

 

このように同じ局面が続くと永遠に決着がつかないのでこのような特殊なルールが設けられています。

 

 

本来の駒の動きと異なる動きは禁止

 

駒を本来の動きと異なる場所へ動かすことは禁止です。
駒本来の動きを守ることは将棋の大原則です。
参考 : 将棋の駒・成り駒の動かし方

 

例えば、「歩」という駒は前方に1マスしか進めませんが、異なる動きをしてしまうと反則負けになります。
本来の動きと異なる動き

 

王手の放置は禁止

 

自分が指し終えたあと、王手がかかっている状態にしてはいけません。
次の2通りのパターンがあります。

 

  • 王手がかかっていなかったのに、王手になるように駒を動かしてしまった。
  • 王手を放置したまま、別の手を指した。

 

このどちらかをしてしまうと、その時点で反則負けです。
初心者のうちは王手に気が付かないことが良くあるので、大目に見てあげる人が多いです。

 

待った

 

駒を打った後に「やっぱり止めた」はできません。
駒が手から離れた時点で打ち直しはできません。

 

打ったあとにもっといい手が見つかって打ち直したくなる気持ちは分かりますが、最低限のマナーとして覚えておきましょう。

 

相手の人も怒ってますよ笑

 

 

関連メニュー